ベンクラブログ
朝鮮大学校のサークル『ベンチャークラブ』のBlogです。 時事的なニュースや経済、経営などに関連した話題を主に書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッジファンド
最近、国際金融論の授業でヘッジファンドに関するビデオを見た。

ヘッジファンドとは、空売りを積極的に利用して売買益を稼ぎ出す投資(正確には投機)手法をとる投資信託である。

一般の投資信託は空売りが出来ないため、下げ相場では買持ちしている資産の価値が低下し、運用利回りがマイナスとなる場合が多い。ヘッジファンドは空売りを積極的に利用するので、上げ相場でも下げ相場でも利益を上げる事ができ、実際に下げ相場を得意とするヘッジファンドは多い。

最も初期のヘッジファンドは、上がりそうな銘柄を買い、下がりそうな銘柄を売るという極めて単純なものであった。思惑通りに相場が動けば、買建て玉しか建てていないときに比べ、より確実に利益を稼ぎ出すことが出来る。

このような原始的なヘッジファンドの次に誕生したのが、いわゆる鞘取りで利益を稼ぎ出す売買手法を取るものである。

1971年のドルショックが引き金となり、マネーは実体経済から次第に遊離して、単なる数値情報と化していった。この結果、実体経済を遥かに上回る巨額のマネーが流通し、マネー自体を売買の対象とする巨大な市場が誕生した。マネー取引は、いまや世界の市場を転々と変えながら、24時間体制で行われるにいたった。これを「グローバル・トレーディング」と呼ぶが、ヘッジファンドは、こうした取引の主体の一形態である。

このような金融市場は主にゼロサムと言われている。

新しく何かが生まれるワケでもなく、誰かがそれを求めているワケでもない。

資本主義は初期段階で農業、その後工業、そして現在では金融を糧に成長を遂げてきた。

それもとうとう限界に来ているのではないだろうか。


うぼん



スポンサーサイト
営業の秘訣!?
先日とある企業の社長とお話をする機会がありました。

彼は保険業界での営業成績で数々の記録を塗り替えた方で、本も出版しているような方です。

会う前からどんな頭の切れるインテリな方なのかと少し緊張していました。

しかし実際に会ってみるとものすごく気さくで豪快な方で、とても知的で天才肌には見えませんでした。

話していて全く緊張しなかったんですw

今まで色々な社長や人事の方と会って話してきましたがここまで緊張が
なく自然に話せた人は初めてでした。

彼の営業成績の要因がここにあると感じました。


営業には様々な知識が必要です。

商品の知識、業界の知識、社会の知識、etc......

しかしそんな知識たちも営業する人の人間性があって初めて活かせるんだと思います。

彼は常に「人の何かの役に立ちたい」そんなスタンスで物事を考えているそうです。

俺が会って話す時も「緊張するだろうから緊張しないような雰囲気を出して話そう。」と思って話していたのだそう。

たとえば商品に関する知識が豊富だったとしてもそれを話す機会が与えられないと意味がない。

人と出会ったり話す機会というのは人間性がある人に与えられるのだと思います。


技術(テクニック)ももちろん鍛えていかなければいけないけれど、もっと人間の基本的な部分に立ち返って鍛えていく必要があると感じました。

やはり成功している人たちっていうのは「人格者」なんだなと再認識した一日でした。

ガンチ
尊敬する人
ブログ更新遅れてすいません!

今回新たにベンクラメンバーの一員になったチョリです!

先輩達と勉強することでかなりのためになると思いベンクラに入りました!

早く先輩たちに追いつけるよう努力するんでよろしくお願いします!!

さて、今回僕は自分が尊敬する人について書きたいと思います。

僕が尊敬する人とは知らずと知れた渡邉美樹さんです!

大手飲食グループ「ワタミ」の社長さんです。

一言で言うならば僕は彼のガッツ、そして人間性に惚れました!

渡邉美樹社長が起業までの道のりを描いた一冊の本があるのですが、僕はこの本にかなりの衝撃を受けました!

彼は本当に凄まじい人ですよ。

今や外食事業だけに留まらず、環境、農業、介護、教育と幅広くご活躍されています。

渡邉社長は「地球上で一番たくさんのありがとうを集めるグループになりたい。」という野望を胸に活動されています。

そもそもなぜ僕が渡邉美樹社長に興味があるのかというと、僕の親友が今年ワタミに入社したからなんです。

高卒で採用されるのはとても珍しいらしく、話を聞けばかなり期待されてるんだとか。。

それで彼がよく僕に、渡邉社長は素晴らしい人だよって言うんですよ。

それから興味が湧いてから色々調べてみると、もう本当スゴイ人なんですね。

尊敬に値します!

僕は自分が時々だらけてるなぁって思った時に渡邉社長が書いた「夢に日付けを」という本を読みます。

かなりいい刺激になるんですよ!

機会があればみなさんもぜひこの本に目を通してください!

あと先ほど書いたんですけど渡邉社長の起業までの道のりを描いた「青年社長」という本もおすすめします!

彼の凄まじさがわかる一冊です!

是非見てください!

今回は初ブログで上手く出来なかった部分もありましたが、これからはもっと上手くまとめます!!

これからもヨロシクです!!!

ワーキングプア。
はじめまして。

新しくベンクラメンバーになりましたチリです!


しかしベンクラで集まった時に先輩たちの話にまったくついてけません。。


先輩たちの話についてけるように努力していきますのでよろしくお願いします!


では今回自分が書こうと思うのは<ワーキングプア>についてです!!


先週の日曜くらいにNHKスペシャルで<ワーキングプア>の第2弾の特集が放送されていました。 自分はたまたまそれを見たのですが一回目の放送が夏くらいに放送されてかなりの反響を呼び今回また第二弾が放送されたらしいです。



<ワーキングプア>とは「働く貧困層」の意味で働いてるのに生活水準以下の暮らししか出来ない人たちで今、日本では「働く貧困層」が急激に拡大してるという。。



都会では住所不定無職の若者が急増して大学を卒業しても定職に就けなくて正社員ではなく非正規雇用として働いてる若者がほとんど。


地方では地域経済自体が落ち込んでいて収入が少なく税金が払えなくて人たちが急増。
農業が厳しい競争価格にさらされて離農する人たちが後を絶たない。。


こーいうのが続くと何がだめかというと<ワーキングプア>のほとんどが派遣社員や契約社員といった非正規雇用でこういうひとたちのほとんどは自分が一人生きるのに精一杯なため正社員と比べて将来の保障がなく結婚なども難しい。
結婚できたとしても教育費もかけれなくて、<ワーキングプア>の子供は高等教育が受けられず、学歴を重視する給料のいい会社には入れなくなる。
<ワーキングプア>の子供は大人になっても<ワーキングプア>になる悪循環に陥ること。
<ワーキングプア>は一代だけではすまない問題だということ!

経営系の話じゃなくてすいません(^_^;)


暇があればNHKスペシャル見てください!そして自分にくわしくおしえてください^^
                    
            チリ

ぜんぜんまとめれてないですけどこれからもよろしくおねがいします!!


裏ビジネス!
どうも!更新かなり遅れてミアナンミダ!プーヤンことヨンスです。

今年ベンチャークラブに入ったばかりでまだまだ未熟者ですが、早く先輩達に追いつけるように頑張ります!

さて今日のお題なんですけども、「裏ビジネス」です。

具体的には、ラブホテル、キャバクラ、風俗といったような商売です。

高校のころから裏ビジネスに興味がありまして、いろいろ調べました。

その結果次の事がわかりました。

①.ラブホテル、他裏ビジネスはつぶれにくい。

②.高確率で儲かる。

ただやはり誰でも裏ビジネスはそううまくいくわけではありませんが、なぜラブホテルは潰れないのか疑問でしょうがありませんでした。

調べてみると某ラブホテルを経営してる社長はこう言っていました。


「戦争が起きても人間ヤる事はやる。」


な、なるほど(;゚Д゚)

人間は欲望には逆らえないという事か!

な、納得。

全然まとめられませんでしたがみなさんも裏ビジネスに興味がありましたら調べてみてください。面白いです!

今度はもうちょっとマシな記事を書けるよう頑張ります!





プーヤン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。