ベンクラブログ
朝鮮大学校のサークル『ベンチャークラブ』のBlogです。 時事的なニュースや経済、経営などに関連した話題を主に書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駆け引き
今回のネタは企業と消費者の駆け引きといったところでしょうか。

冬休みに実家でTV放送していた内容です。

あるスーパーマーケットがクローズアップされていました。
そのスーパーマーケットは「業界最安値」を掲げ、それに日々挑戦し続ける企業でした。
ふだん何気なく入って、食料品などを買うスーパーマーケット。

しかし、その本社ではすごい気迫で会議を進める各部署の人たち。

「消費者が買いたい値段で売らなければ売れない。」

このようなニュアンスの言葉を発していた。
(曖昧ですいません;)


当たり前であって、簡単そうに見えて、しかし一番難しい。
消費者にとって買いたい値段とは「安さ」であろう。
もちろん品質も問われてくるが、純粋に購買するとなればかかってくる問題は価格の問題。

そこのスーパーマーケットは戦略のひとつとして取り扱う製品のブランドを極力制限する(例えば乳製品は森永のみ、のように。)ことによってコストを削減し、小売価格を極限まで下げている。

また、店内を見回すと商品棚などに張り紙が張っていたりする。

「このいちごは少々甘みが少なく実も少し固くなっております。」
このような表記がしてある。

なぜこのような事-消費者の購買欲を下げるようなことをするのかと社長に尋ねたところ、
「消費者の方々には正直でありたい。仮に何の表記もなく買っていかれたいちごが、いざ食べてみておいしくなかったではダメですから。」
とのこと。

気配りが感じられた1シーンだった。

年々消費者たちのニーズは高まる一方。

ただ買って、消費する。
消費者をこのようにくくるのはもはや過去の話である。

消費者も色々な情報源を頼りに自分の物差しを持ち、市場の流れを読み取り目の前に提示されている「価格」を判断する。

特にスーパーマーケットを筆頭に、小売店は消費者である顧客を絶えず引き付けておかなければすぐに潰れてしまう。


小売業界のみならず経済体系をなす全てのものの間で絶えず駆け引きが行われている。

そんな駆け引きを制する感性を磨き、研ぎ澄ましていきたい。


(曖昧な情報があることをお詫びします。(^^;))




2回続けておなじカテゴリーのエントリーになっちゃいました。汗
2007年はもっと色んなカテゴリーのエントリーも書けるように頑張りたいと思います。


PAN



スポンサーサイト
ヘッジファンド肯定論
 更新遅れてごめんなさい。
 すっかり忘れていて、今日久しぶりに見ました。
 そしたら、ヘッジファンドに関するエントリーがあったのでそのコメントも兼ねて、自分の意見を知っている限りで書こうと思います。

 ヘッジファンドに関しては悪者論と肯定論に分かれてよく議論されます。国際金融論の授業でも悪者論の立場から見たビデオだったと思います。自分はどちらかというと、肯定論の立場にいます。
 その理由として、三つに分けてまとめてみました。(前提として株式に関してだけ)

 ■ヘッジファンドと個人投資家について
 まず、投資である以上、儲かる可能性もあれば、損する可能性もあるということ。有力ヘッジファンドでも半分近い銘柄は損していることが多いとのこと。
 そして、株式投資というのは本来、企業の成長に向けた投資なので、ゼロ・サムのゲームではない。なので、売り手が儲けたからといって、買い手が損したことにはならない。
 また、株式は公開情報をベースに取引が行われているので、個人投資家もきちんと勉強しないで、プロが集まる株式市場で損をしても文句は言えず、流動性がある程度確保されているので、損切りなどはしっかりとすべきである。

 ■ヘッジファンドはお金儲けをする組織
 まず、お金儲けは悪なのか?資本主義では利潤の追求は限られた資本の効率的な運用を促す。
 また、ヘッジファンドに投資しているのは主に、大学基金、年金基金、生損保、銀行などである。その運用益をあげることは社会的に重要なことではないか。

 ■金融危機について
 金融危機はヘッジファンドが起こしたという意見があるが、ドルペッグされていた国の通貨が過大評価されていた以上、そこを市場が突いてくるのは当然のことである。
 また、投資家はヘッジファンドだけではなく、投資家たちの群集心理はものすごいものがある。

 最後に、カラ売りの機能は効率的な市場を保つ上で必要だし、実際の価値よりも過大評価されているものに積極的にカラ売りを仕掛けるのは、適正な価格をつけるのによいことである。

 以上のような理由から、ヘッジファンドの肯定論にいます。まだまだ勉強不足で、間違っていることや説明が解りづらいとこがあると思います。指摘、質問、意見、文句などいろいろ受けつけます^^哲
ヘッジファンド
最近、国際金融論の授業でヘッジファンドに関するビデオを見た。

ヘッジファンドとは、空売りを積極的に利用して売買益を稼ぎ出す投資(正確には投機)手法をとる投資信託である。

一般の投資信託は空売りが出来ないため、下げ相場では買持ちしている資産の価値が低下し、運用利回りがマイナスとなる場合が多い。ヘッジファンドは空売りを積極的に利用するので、上げ相場でも下げ相場でも利益を上げる事ができ、実際に下げ相場を得意とするヘッジファンドは多い。

最も初期のヘッジファンドは、上がりそうな銘柄を買い、下がりそうな銘柄を売るという極めて単純なものであった。思惑通りに相場が動けば、買建て玉しか建てていないときに比べ、より確実に利益を稼ぎ出すことが出来る。

このような原始的なヘッジファンドの次に誕生したのが、いわゆる鞘取りで利益を稼ぎ出す売買手法を取るものである。

1971年のドルショックが引き金となり、マネーは実体経済から次第に遊離して、単なる数値情報と化していった。この結果、実体経済を遥かに上回る巨額のマネーが流通し、マネー自体を売買の対象とする巨大な市場が誕生した。マネー取引は、いまや世界の市場を転々と変えながら、24時間体制で行われるにいたった。これを「グローバル・トレーディング」と呼ぶが、ヘッジファンドは、こうした取引の主体の一形態である。

このような金融市場は主にゼロサムと言われている。

新しく何かが生まれるワケでもなく、誰かがそれを求めているワケでもない。

資本主義は初期段階で農業、その後工業、そして現在では金融を糧に成長を遂げてきた。

それもとうとう限界に来ているのではないだろうか。


うぼん



営業の秘訣!?
先日とある企業の社長とお話をする機会がありました。

彼は保険業界での営業成績で数々の記録を塗り替えた方で、本も出版しているような方です。

会う前からどんな頭の切れるインテリな方なのかと少し緊張していました。

しかし実際に会ってみるとものすごく気さくで豪快な方で、とても知的で天才肌には見えませんでした。

話していて全く緊張しなかったんですw

今まで色々な社長や人事の方と会って話してきましたがここまで緊張が
なく自然に話せた人は初めてでした。

彼の営業成績の要因がここにあると感じました。


営業には様々な知識が必要です。

商品の知識、業界の知識、社会の知識、etc......

しかしそんな知識たちも営業する人の人間性があって初めて活かせるんだと思います。

彼は常に「人の何かの役に立ちたい」そんなスタンスで物事を考えているそうです。

俺が会って話す時も「緊張するだろうから緊張しないような雰囲気を出して話そう。」と思って話していたのだそう。

たとえば商品に関する知識が豊富だったとしてもそれを話す機会が与えられないと意味がない。

人と出会ったり話す機会というのは人間性がある人に与えられるのだと思います。


技術(テクニック)ももちろん鍛えていかなければいけないけれど、もっと人間の基本的な部分に立ち返って鍛えていく必要があると感じました。

やはり成功している人たちっていうのは「人格者」なんだなと再認識した一日でした。

ガンチ
尊敬する人
ブログ更新遅れてすいません!

今回新たにベンクラメンバーの一員になったチョリです!

先輩達と勉強することでかなりのためになると思いベンクラに入りました!

早く先輩たちに追いつけるよう努力するんでよろしくお願いします!!

さて、今回僕は自分が尊敬する人について書きたいと思います。

僕が尊敬する人とは知らずと知れた渡邉美樹さんです!

大手飲食グループ「ワタミ」の社長さんです。

一言で言うならば僕は彼のガッツ、そして人間性に惚れました!

渡邉美樹社長が起業までの道のりを描いた一冊の本があるのですが、僕はこの本にかなりの衝撃を受けました!

彼は本当に凄まじい人ですよ。

今や外食事業だけに留まらず、環境、農業、介護、教育と幅広くご活躍されています。

渡邉社長は「地球上で一番たくさんのありがとうを集めるグループになりたい。」という野望を胸に活動されています。

そもそもなぜ僕が渡邉美樹社長に興味があるのかというと、僕の親友が今年ワタミに入社したからなんです。

高卒で採用されるのはとても珍しいらしく、話を聞けばかなり期待されてるんだとか。。

それで彼がよく僕に、渡邉社長は素晴らしい人だよって言うんですよ。

それから興味が湧いてから色々調べてみると、もう本当スゴイ人なんですね。

尊敬に値します!

僕は自分が時々だらけてるなぁって思った時に渡邉社長が書いた「夢に日付けを」という本を読みます。

かなりいい刺激になるんですよ!

機会があればみなさんもぜひこの本に目を通してください!

あと先ほど書いたんですけど渡邉社長の起業までの道のりを描いた「青年社長」という本もおすすめします!

彼の凄まじさがわかる一冊です!

是非見てください!

今回は初ブログで上手く出来なかった部分もありましたが、これからはもっと上手くまとめます!!

これからもヨロシクです!!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。